ノウハウ

【ライバー初心者必見!】ライブ配信やYouTubeにオススメのWEBカメラを厳選紹介

  • 「カメラを使ってライブ配信を始めてみたい…!」
  • 「ライブ配信に合ったカメラの選び方が分からない…」
  • 「ライブ配信におすすめのカメラを知りたい!」

ライブ配信はスマホで手軽に始められるようになりましたが、より高画質な映像で配信をしたいなら「WEBカメラ」で撮影するのがおすすめです。

しかし、一口にWEBカメラといっても多くの種類があり、どれを選べばいいのか迷ってしまう方も多いと思います。

こんにちは、やわらかゆーすけです。

私は仕事として大手企業や有名YouTuberのライブ配信なども、数多く担当しています。この記事ではそんなライブ配信のプロである私の経験に基づいて、視聴者を増やすコツを解説します。
» ライブ配信の実績はコチラ

そこで今回は、カメラの選び方とライブ配信におすすめのWEBカメラについて詳しくご紹介します。

この記事を参考にすれば、配信内容に合ったWEBカメラが見つかります。

WEBカメラとは?

WEBカメラとは、インターネットに接続して、撮った映像をリアルタイムで配信できるカメラのことです。

今ではノートパソコンにもカメラが内蔵されていますが、カメラ性能は最低限のものがほとんどです。また、映す範囲も狭いため、多くの人を同時に映すことができません。

しかし、WEBカメラの場合、パソコンの内蔵カメラよりも高画質で、広角レンズを使用すれば複数人での撮影も可能です。

ぱんだ

高画質で撮影したいときや、グループで配信したい場合には、WEBカメラがおすすめです。

WEBカメラがあれば、ビデオ通話やWEB会議もできる

WEBカメラをパソコンに取り付ければ、YouTubeや17Liveなどの動画配信サービスで、簡単かつ高画質な配信ができます。

また、撮影した映像は自動的にパソコンへ保存されるため、ビデオカメラのようにデータを取り込む手間がかかりません。映像を編集したい場合は、取り込む必要もなくすぐに作業へ取りかかれます。

ぱんだ

WEBカメラは、オンライン飲み会や、学校や会社の打ち合せに使用することも可能です。

WEBカメラの選び方とは?

WEBカメラにはたくさんの種類があり、どのような基準で選べばいいのか迷ってしまう方も多いと思います。

そこでここからは、ライブ配信用のWEBカメラの選び方をご紹介します。

設置タイプを選ぶ

WEBカメラの設置タイプは大きく分けて、「クリップタイプ」と「スタンドタイプ」の2種類があります。

クリップタイプは、パソコンのディスプレイやモニターに挟んで固定するため、手軽に設置できることがメリットです。

また、折りたためてコンパクトに収納できるタイプのものもあります。手軽にカメラを持ち運べるため、外出先でライブ配信をしたいときに便利です。

ぱんだ

外の撮影も考えているなら、クリップタイプを選ぼう。

一方、スタンドタイプは、パソコンの横に立てて使うため、安定した撮影ができます。クリップタイプよりも画角が広いものが多いため、大人数で撮影したいときや広い範囲を撮影したいときに役立ちます。

また、スタンドタイプは手元を映せるため、絵を描いているところや楽器を弾いているところなど、手元を映したい方にもおすすめです。
≫ライブ配信の始め方

ぱんだ

外に持ち運べるのはクリップタイプ。グループで配信するなら画角の広いスタンドタイプがおすすめ!

用途に合わせて画質を選ぶ

ライブ配信や動画投稿でWEBカメラを使用する場合は、1080p(フルHD)に対応した高画質のモデルを選びましょう。画質が悪いと配信者の表情がはっきり映らず、面白さが半減してしまいます。

WEBカメラの画質は、画素数と解像度が大きくなるほど良くなります。具体的には、200〜300万画素以上のカメラを選ぶと、細部まで鮮明に映せます。

WEBカメラの解像度は720p〜1080pが主流ですが、よりクリアな映像を届けるために、1080p(フルHD)に対応したモデルがおすすめです。
≫きれいに映すためのおすすめ照明

ぱんだ

解像度1080p(フルHD)、画質は200〜300万画素以上のカメラがおすすめ!

複数人で使うなら広角タイプを選ぼう

2人以上の複数人でライブ配信をしたい場合は、90〜120度の広角タイプのWEBカメラがおすすめです。

一般的なWEBカメラの画角は65〜75度程度で、2人以上を映すのは難しくなります。

ぱんだ

友人やグループの配信を考えているなら、画角が90~120度のカメラを選ぼう。

録画・ライブ配信をするならフレームレートも確認

録画やライブ配信をする場合は、配信をするサービス(YouTubeやSHOWROOM)の推奨する「フレームレート(fps)」に合わせます。

フレームレートとは、1秒間に何枚の画像を出力できるかを示す数値です。この数値が高いほどカクツキが少なく滑らかな映像を撮影できます。

例えば、YouTubeの推奨フレームレートは24fps〜60fpsで、SHOWROOMは30fpsです。地デジ放送のフレームレートは30fps(厳密には29.97fps)となっています。

ぱんだ

トークがメインの場合や歌がメインのライブ配信なら、30fpsあれば十分ですね。

スポーツなど激しい動きを撮影したい場合

より繊細な動きまで撮影したい場合は、60fps程度のモデルがおすすめです。ただし、フレームレートが高すぎると、動画の容量が大きくなりアップロードに時間がかかってしまうため、動画をスムーズに再生できない可能性があります。

30fpsでも綺麗に撮影できるため、まずは30fpsに対応したモデルで良いでしょう。
≫ライブ配信のコツはコチラ

マイク搭載ならライブ配信やWEB会議にも便利

ライブ配信をする際は、マイクが内蔵されたWEBカメラもおすすめです。カメラを設置するだけで、ライブ配信をすぐに始めることができます。

また、周囲の環境音や騒音が気になる場合は、「ノイズキャンセリング機能」が付いているタイプを選びましょう。

ノイズキャンセリング機能が付いていると、マイクに入る雑音を抑えることができるため、よりクリアな音声でライブ配信を行うことができます。

カメラとマイクは別で買ったほうがいい?

カメラの内臓マイクでもライブ配信は可能ですが、音がこもりやすくなることがあります。

ライブ配信では「映像」と同じくらい「音」も重要。別々にそろえたほうがファンも付きやすくやります。
≫ライブ配信用マイクの選び方

ライブ配信におすすめのWEBカメラ

AI Webcam Jupiter

2021年2月に発売の、AIが搭載された高スペックWEBカメラ。1080p(フルHD)に対応しており、画角は96度とかなり広めで、大人数のWEB会議でも使用できるほどです。

ぱんだ

ライバーの中でも注目のカメラです。

注目ポイントは、AIの自動フォーカス機能。人の動きをAIが認識し、話している人が全員映るように自動で調整してくれます。

話しが終わると勝手にズームアウトしてくれるので、カメラ本体を動かす必要もなし。カメラを気にすることなく、配信に集中することができます。

またフリーソフト「eMeetLink」を使用することで、解像度や明るさなどを細かく設定することも可能。1人でのライブ配信はもちろん、友人との配信やコラボ配信にも対応したオールマイティなWEBカメラです。
≫eMeet公式サイト

ぱんだ

最新のAI搭載で、より配信が盛り上がること間違いナシです!

商品名AI Webcam Jupiter
設置タイプクリップタイプ
解像度1080p
最大フレームレート30fps
画角96度

ロジクール C980OW

クリップタイプのカメラで、動きながら撮影もできるオートフォーカス付き。フルHD(1080p)でフレームレートは60fpsなので、スポーツなどを撮影するのにも適しています。

ぱんだ

ロジクールのC980OWは、「動画にこだわりたい」「より繊細な動きを映したい」人におすすめ。

また縦方向の撮影もできるので、「YouTube」「Twitch」「Facebook Live」などのストリーミングも可能。三脚に取り付けもできるため、必要に応じてスタンドタイプとして使うこともできます。

商品名C980OW
設置タイプクリップタイプ
解像度1080p
最大フレームレート60fps
画角78度

エレコム UCAM-C750FBBK

パソコンに繋ぐだけでかんたんに撮影ができ、手軽に始めたい人にぴったりなWEBカメラです。

ぱんだ

「カメラの難しい設定はしたくない」「トーク配信から始めたい」という人には、エレコムのUCAM-C750FBBK。

価格に対するコスパもよく、動画は500万画素と高画質。もちろん、YouTubeライブやゲーム実況にも使えます。カメラを設置後、上下に位置を移動できるため、こだわりの高さから撮影することができます。

商品名C980OW
設置タイプクリップ・
スタンドタイプ
解像度1944p
最大フレームレート30fps
画角66度

まとめ

今回は、ライブ配信で使用するカメラの選び方と、おすすめのWEBカメラについてご紹介しました。

自宅で安定した配信を行いたい場合は「スタンドタイプ」、外での配信も考えている場合は「クリップタイプ」を選びましょう。グループなど複数人で配信を行う場合は、広角タイプのカメラがおすすめです!

また解像度は1080p(フルHD)、画素は200〜300万以上のカメラが選んでください。フレームレート(fps)は、数字が大きくなるほどカクつきはなくなりますが、データが重くなるので30fpsで十分です。

こちらの記事で紹介した選び方を参考に、自分にぴったりなWEBカメラを見つけてください!