ノウハウ

【失敗しない!】ライブ配信に必要な通信速度とネット環境を解説

  • ネット環境を整えて、もっと快適にライブ配信を楽しみたい!
  • ネット環境が不十分で、ライブ配信を楽しめない…
  • 具体的にどんなネット環境を整えれば良いか分からない…

ライブ配信では、ネット環境が重要です。ネット環境が整ってないと、映像や音声が止まったりズレたりします。しかし、ネット環境の重要性に気づかない人も多いです。

この記事では、ライブ配信のネット環境を整えるポイント、おすすめのネット環境、注意点を紹介します。

ぱんだ

この記事を読めば、ライブ配信を快適に楽しめるネット環境を準備できますよ。

ライブ配信のネット環境を整えるときは、配信者は3Mbps・視聴者は10~30Mbpsの通信速度を確保しましょう。通信容量の制限がないものがおすすめです。
» ライブ配信におすすめの固定回線
» ライブ配信におすすめのWi-Fi

ライブ配信のネット環境を整えるポイント

ライブ配信を楽しむなら、配信者も視聴者もネット環境を整えることが大切です。ネット環境が整っていないと以下の事態が起こり、十分に楽しめません。

  • 映像がカクカクする
  • 音声と映像がズレる
  • 音声・映像が止まる

ライブ配信のネット環境を整えるポイントは次の通りです。

  • 配信者は3Mbps確保
  • 視聴者は10~30Mbps確保
  • 通信容量の制限がないものを使う

配信者は3Mbps確保

配信者がネット環境を整えるときは、上りの回線の通信速度を確保します。上りの回線とは、ライブ配信の映像や音声をインターネットへアップロードするときに使う回線です。

必要な通信速度は画質によって、次のように変わります。

  • 通常画質:3Mbps
  • 高画質:6Mbps
ぱんだ

ライブ配信で有名なYouTube Liveは最低3Mbps必要です。

ネット会社がウェブページに書く最大速度は利用者数を考慮していません。最大速度が出ないことがほとんどです。

視聴者は10~30Mbps確保

視聴者がネット環境を整えるときは、下りの回線の通信速度を確保します。下りの回線とは、ライブ配信の映像・音声をインターネットからダウンロードするときに使う回線です。

必要な通信速度は「10~30Mbps」です。

通信速度を確認する方法

配信者・視聴者ともに最大速度ではなく実際の通信速度を確認しましょう。自宅にネット回線がある場合は、次のページで実際の通信速度を確認できます。
» SEEDTEST

通信容量の制限がないものを使う

ネット環境は通信容量の制限がないものを使いましょう。スマホの通信回線は制限があるためおすすめしません。

次のいずれかを使うのがおすすめです。

  • 固定回線
  • 設置型Wi-Fi
  • ポケットWi-Fi

それぞれの特徴は次の通りです。

固定回線設置型Wi-FiポケットWi-Fi
ネットワークの安定感
持ち運び不可不可
回線工事の要否必要不要不要

固定回線は、回線工事が必要で、導入までに時間がかかります。しかし、ネットワークの品質が良いです。安定感抜群のネット環境を整えたい人へ向いています。

設置型Wi-Fiは、ルーター(機器)を自宅に設置するだけで使い始められ、十分なネットワーク品質です。手軽にネット環境を整えたい人へ向いています。

ポケットWi-Fiは、機器が小さいため外出時なども使えますが、同時接続に弱かったり回線が混み合うと繋がりにくかったりします。外出先でもライブ配信をしたい人へ向いています。

ライブ配信におすすめのネット環境(固定回線編)

ライブ配信におすすめの固定回線は次の通りです。

  • ドコモ光
  • auひかり
  • NURO光
  • ソフトバンク光

固定回線はどこも品質が良いです。基本的には価格での比較になるため、スマホのセット割が効くものを選ぶのがおすすめです。

ドコモ光

月額料金戸建て:5,720円 マンション:4,400円 
平均通信速度上り199.2Mpbs 下り255.54Mbps
データ容量制限なし
スマホセット割docomo
キャンペーン初期工事費無料キャンペーン
dポイントプレゼント
20,000円キャッシュバックキャンペーン
Wi-Fi無料レンタル
契約期間2年間
キャンペーンサイトドコモ光

※平均通信速度は「みんなのネット回線速度」参照

ドコモ光は、docomoユーザーに圧倒的にお得で、初期サポートが手厚いのが特徴。docomoユーザーは、スマホの利用料が毎月1,100円割引になります。

ぱんだ

誰でも工事費が無料です。開通するまで無料でWi-Fiをレンタルしてくれるため、すぐにネットを使えます。

ドコモ光をおすすめする人は以下の通りです。

  • docomoユーザー
  • 初期費用を抑えたい人
  • すぐにネットを使い始めたい人

auひかり

月額料金戸建て:5,610円~ マンション:4,180円~ 
平均通信速度上り317.16Mpbs 下り385.14Mbps
データ容量制限なし
スマホセット割au
キャンペーン初期工事費相当割引
乗り換えサポート
60,000または65,000円キャッシュバックキャンペーン
契約期間2年間
キャンペーンサイトauひかり

※平均通信速度は「みんなのネット回線速度」参照

auひかりは、auユーザーに優しくキャンペーンが手厚いのが特徴。auユーザーは、スマホの利用料が毎月500~2,200円割引になります。

誰でも初期工事費が無料です。電話とセット契約という条件はありますが、他社にはない高額なキャッシュバックを受けられます。

auひかりをおすすめする人は以下の通りです。

  • auユーザー
  • 初期費用を抑えたい人
  • 高額なキャッシュバックを得たい人

NURO光

月額料金戸建て:5,200円 マンション:2,090円~ 
平均通信速度上り428.94Mpbs 下り486.2Mbps
データ容量制限なし
スマホセット割Softbank
キャンペーン初期工事費相当割引
のりかえ特典
お引越しサポート特典
43,000円キャッシュバックキャンペーン
契約期間3年間
キャンペーンサイトNURO光

※平均通信速度は「みんなのネット回線速度」参照

NURO光は、通信速度の品質が良く価格が安いのが特徴。提供エリアが限られているのが難点ですが、提供エリア内なら高コスパです。
» NURO光の提供エリア

ぱんだ

Softbankユーザーは、スマホの利用料が毎月1,100円割引になります。

NURO光をおすすめする人は以下の通りです。

  • Softbankユーザー
  • 提供エリア内で、高コスパなネット環境を使いたい人

ソフトバンク光

月額料金戸建て:5,720円 マンション:4,180円 
平均通信速度上り202.11Mpbs 下り302.73Mbps
データ容量制限なし
スマホセット割Softbank、Y!mobile
キャンペーン初期工事費相当割引
初めて契約の方限定割引
37,000円キャッシュバックキャンペーン
無料Wi-Fiレンタル
契約期間2年間
キャンペーンサイトSoftbank光

※平均通信速度は「みんなのネット回線速度」参照

Softbank光は、通信速度の品質が良くサポートが手厚いのが特徴。回線工事が完了し開通するまで無料でWi-Fiをレンタル。すぐにネット環境を使いたい人へ向いています。

Softbankユーザー、Y!mobileユーザーは、スマホの利用料が毎月約1,100円割引になります。

Softbank光をおすすめする人は以下の通りです。

  • Softbank・Y!mobileユーザー
  • すぐにネット環境を使いたい人

Softbankユーザーは、NURO光の提供エリア内ならコスパが良いNURO光がおすすめです。

ぱんだ

NURO光の提供エリア外の場合はSoftbank光をおすすめします。

ライブ配信におすすめのネット環境(Wi-Fi編)

ライブ配信におすすめのWi-Fiは次の通りです。

  • UQWiMAX(設置型)
  • ドコモ home 5G(設置型)
  • Broad WiMAX(ポケットWi-Fi)
  • Mugen WiFi(ポケットWi-Fi)

UQWiMAX(設置型)

プラン名ギガ放題プラス
月額料金4,818円 
端末料金21,780円
平均通信速度上り9.99Mpbs 下り41.49Mbps
データ容量制限なし
スマホセット割なし
キャンペーンWiMAX +5G はじめる割
ハート割
契約期間2年間
サイトUQ WiMAX

※平均通信速度は「みんなのネット回線速度」参照

UQWiMAXは、ライブ配信に必要な通信速度を確保でき、月額料金・端末料金ともにお得感があります。しかし、ライブ配信と同時にネット環境を使う場合は、UQWiMAXの通信速度だと不十分な可能性があるため注意しましょう。

UQWiMAXをおすすめする人は以下の通りです。

  • 手軽にネット環境を整えたい人
  • ライブ配信でのみネット環境を使う人

ドコモ home 5G(設置型)

プラン名ドコモ home 5G
月額料金4,950円
端末料金39,600円
平均通信速度上り18.35Mpbs 下り160.42Mbps
データ容量制限なし
スマホセット割docomo
キャンペーンdポイントプレゼントキャンペーン
契約期間なし
サイトドコモ home 5G

※平均通信速度は「みんなのネット回線速度」参照

ドコモ home 5Gは、ライブ配信に十分すぎるくらいの通信速度が出ます。

ぱんだ

ライブ配信と同時にネット環境を利用しても問題となることは少なく、安定感があります。

docomoユーザーであれば価格が安くなります。しかし、docomoユーザー以外は月額・端末料金が少し高くなります。

ドコモ home 5Gをおすすめする人は以下の通りです。

  • 手軽にネット環境を整えたい人
  • ライブ配信の他にもネット環境を使う人
  • docomoユーザー

Broad WiMAX(ポケットWi-Fi)

プラン名ギガ放題プラン
月額料金1‐3か月2,999円 4か月以降3,753円 
端末料金0円
平均通信速度上り4.03Mpbs 下り26.31Mbps
データ容量制限なし
スマホセット割au
キャンペーン初期費用割引
端末代金無料キャンペーン
乗り換え割引
契約期間3年間
サイトBroad WiMax

※平均通信速度は「みんなのネット回線速度」参照

BroadWimaxは、ライブ配信の視聴・配信ともに通信速度が不十分となる可能性があります。特に、配信時は通信速度が不十分。どちらかというと視聴者向けです。

しかし、データ容量の制限がなく、外出時に持ち歩けます。

BroadWimaxをおすすめする人は以下の通りです。

  • 外出時にライブ配信を視聴したい人
  • 通信速度の遅さを許容できる人

Mugen WiFi(ポケットWi-Fi)

プラン名Mugen格安プラン
月額料金3,712円
端末料金0円
平均通信速度上り6.38Mpbs 下り11.04Mbps
データ容量制限100GB
スマホセット割なし
キャンペーン30日間全額返金キャンペーン
端末代金無料キャンペーン
13,500キャッシュバック
契約期間2年間
サイトMugen WiFi

※平均通信速度は「みんなのネット回線速度」参照

Mugen WiFiは、ライブ配信の視聴時は通信速度が不十分。しかし、配信者にとっては十分な通信速度です。データ容量の制限はありますが、外出時に持ち歩けます。

ぱんだ

Mugen WiFiは、外出時にライブ配信したい人へおすすめです。

ライブ配信でネット環境を整えるときの注意点

ライブ配信でネット環境を整えるときの注意点は次の通りです。

  • 視聴者数が増えると必要な通信速度が変わる
  • 時間帯によって通信速度が変わる
  • ライブ配信以外でも使う場合は通信速度を圧迫する
  • ネットワークセキュリティの設定が必要なことも
ぱんだ

思わぬ落とし穴があることもあるので、気をつけましょう。

視聴者数が増えると必要な通信速度が変わる

視聴者が増えるほど、必要な通信速度は増えます。一度に大人数が視聴する場合は、通信速度に注意しましょう。

一般的に、大人数が視聴する場合は30Mbpsほど必要です。

時間帯によって通信速度が変わる

通信速度は、利用者数の増減に合わせ時間帯によって変わります。お昼の12時や夜の21時は混み合うため、時間帯をずらすなど注意しましょう。

ライブ配信以外でも使う場合は通信速度を圧迫する

ライブ配信以外で同時にネット環境を使う場合は、通信速度を圧迫します。動画のアップロードや視聴は通信速度を圧迫するため注意が必要です。

ぱんだ

同時にネット環境を使う場合は、専用の回線を用意するなど工夫しましょう。

ネットワークセキュリティの設定が必要なことも

会社のネット環境ではセキュリティの設定をしないと通信できないことがあります。一度お試しで配信し、通信できない場合はセキュリティの設定を追加しましょう。自宅の場合はほぼ問題ありません。

ネット環境を整えて快適なライブ配信を!

ネット環境を整えて、快適なライブ配信を楽しみましょう。ライブ配信のネット環境を整えるポイントは次の通りです。

  • 配信者は3Mbps確保する
  • 視聴者は10~30Mbps確保する
  • 通信容量の制限がないものを選ぶ

上記のポイントをもとに次のおすすめのネット環境から選びましょう。

固定回線のおすすめは次の通りです。

ドコモ光docomoユーザー
初期費用を抑えたい人
すぐにネットを使い始めたい人
auひかりauユーザー
初期費用を抑えたい人
高額なキャッシュバックを得たい人
NURO光Softbankユーザー
提供エリア内で高コスパなネット環境を使いたい人
Softbank光Softbank・Y!mobileユーザー
すぐにネット環境を使いたい人

設置型Wi-Fiのおすすめは次の通りです。

UQ WiMAX手軽にネット環境を整えたい人
ライブ配信でのみネット環境を使う人
ドコモ home 5G手軽にネット環境を整えたい人
ライブ配信の他にもネット環境を使う人
docomoユーザー

ポケットWi-Fiのおすすめは次の通りです。

Broad WiMax外出時にライブ配信を視聴したい人
通信速度の遅さを許容できる人
Mugen WiFi外出時にライブ配信したい人

ネット環境を準備するときは、視聴者数や時間帯、ライブ配信以外でのネット環境の利用有無によって通信速度が変わります。会社で使う場合は、セキュリティ設定が必要になることもあるため注意しましょう。

ネット環境を整えることで、ライブ配信の品質が上がります。

ぱんだ

この記事を参考に、ネット環境を整えてくださいね。

» 【初心者向け】ライブ配信の始め方
» ライブ配信で人を集めるコツ