ガジェット

【Orbital2(オービタル2)使用レビュー】製作者におすすめ!

セカンドデバイスとしてOrbital2を買ってから1週間が経ちました。

本記事では手がもう1つ増えるガジェット、Orbital2についてレビューします。

メリットの他にもデメリットも書いていくので購入前、参考にしてください。クリエイティブの仕事をしている、ショートカットキーが覚えられないw、ショートカットを多用する方にオススメのデバイスです。

Contents
  1. Orbital2とは
  2. Orbital2の良いところ5点
    • ボタンが多く割り当てられる数が多い
    • マクロを組むことができる
    • 好きな場所に好きなボタンを割り当てられる
    • リングがかっこいい
  3. Orbital2のデメリット(良くない点)4点
    • USB-A給電
    • プログラム間の移動ができない
    • 重い
    • 説明書がわかりにくい
  4. おわりに

Orbital2とは

Orbital2って何?と言う方のためにメーカー(BLACK  MAGIC社)からの抜粋を紹介。

Orbital2(オービタルツー)は、クリエイターのクリエイティブシーンにおける、
キーボード操作を無くす事を目的に開発されたクリエイターのための入力デバイスです。(公式HP

購入前にも調べたり動画見てたんですが、ぶっちゃけよくわからないんですよね。。こちらを簡単に言うと「ジョイスティックにショートカットを割り当てられる左手用デバイス」です。

格闘ゲームでボタン1つで必殺技が出せる感じ。

スペック

サイズ
全高約68mm , 底面~フラットリングの高さ約33mm フラットリング直径約60mm , ダイアル直径約28mm
重さ
約130g(最軽量化時)
推奨OS Windows7/Windows8.1/Windows10/OS X 10.11 El Capitan/macOS 10.12 Sierra/macOS 10.13 High Sierra

購入前は「ぶっちゃけいらないかな」と思ってました。事務処理のコピペや都度ページ切り替えとかが面倒で、もっと効率的に仕事できないかな……と思って、ショートカットキーを登録できたら。と思って購入。

実際に使ってみた、購入一週間目の使用感。そしてメリットとデメリットを書いていきたいと思います。

Orbital2の良いところ5点

  1. 本体が小さい
  2. ボタンが多く割り当てられる数が多い
  3. マクロを組むことができる
  4. 好きな場所に好きなボタンを割り当てられる
  5. リングがかっこいい

それでは1つずつ使用感をレビューしていきます。

本体が小さい

Orbital2は本体が小さくiPhone8と比べても半分くらいのサイズしかありません。持ち運べるにも容易なサイズ感。

 

ボタンが多く割り当てられる数が多い

ジョイスティックで8方向とフラットリングの4ボタン。ジョイスティックの押し込みと回転で3つ。合計15個登録できるジョイスティックモード

ジョイスティックを倒してから回線させ、登録ボタンを読み出すオービタルエンジンモードなら23個の登録が可能です。

 

マクロを組むことができる

登録したキーボードの操作を1つの割り当てに登録して、ワンボタンで複数の動作を記録可能です。1つ1つ登録する他、実際にキーボードを操作して登録することができます。

事務仕事に便利……。

 

好きな場所に好きなボタンを割り当てられる

自分の好きな場所に登録することができます。僕はボタンを押し込むとコピー(Command+C)、右にジョイスティックを倒するペースト(Command+V)、左に倒すと全選択(Command+A)、左斜め下でページを閉じる(Commmand+d)。

ジョイスティックを回すとSafariのタブ切り替え(Control+tab)、(Shift+Control+tab)の登録をしています。

正直、この設定なら、そのままキーボードのショートカット使った方が早いです。

ネットサーフィンが捗る。

公式サイトには推奨ソフトが書いていますが、ぶっちゃけキーボードの登録なので、ショートカットキーが使えるソフトなら何でも使えるといっても過言ではないと思います。

 

リングがかっこいい

最初、馬鹿にしてたんですがテンション上がります。この光るリングの色を変更できるんですが、これを光らせるために起動していると言っても過言でもない。

ぜひ好みの好きな色を設定して遊んで欲しいです。

created by Rinker
Orbital2(オービタルツー)
¥35,200
(2020/08/02 07:34:45時点 Amazon調べ-詳細)

 

Orbital2のデメリット(良くない点)4点

USB-A給電
プログラム間の移動ができない
重い
説明書がわかりにくい

導入までめちゃ時間がかかりました……。

USB-A給電

ワイヤレス接続ではなく、USB接続です。しかもあまり使わないUSB-Aタイプ。

映像機器や一部スマホでは使われるので人によっては使いやすいかもしれません。

 

プログラム間の移動ができない

 

例えばSafariで登録したショートカットをAfterEffectsでそのまま使用はできません。一から登録する必要があります。また、command+tabのようにプログラム選択のショートカットはやや登録しづらいようです。

 

重い

1.3kgは少し重量を感じる重さです。

あまり軽いとまた操作しにくいからこの重さかもしれません。

 

説明書がわかりにくい

購入後、ドライバーとソフトのインストールが必要です。ドライバーの位置がちょっとわかりにくい……。

ちなみにドライバは下記からダウンロードできます
https://brainmagicportal.com

そしてソフトはやや使い方に癖があり、設定後に保存しないと反映されません。

PC上のタスクアイコンからOrbital2との接続オンオフを設定後、ジョイスティックモードとオービタルエンジンモードの設定をしなければなりません。

説明書やweb上にあまり情報がなくて、小一時間迷いました……。

created by Rinker
Orbital2(オービタルツー)
¥35,200
(2020/08/02 13:56:10時点 Amazon調べ-詳細)

おわりに

created by Rinker
Orbital2(オービタルツー)
¥35,200
(2020/08/02 07:34:47時点 Amazon調べ-詳細)

勢いのまま、ガジェットOrbital2のレビューを書いてみました。

ショートカットを手元で呼び出せるのは、普段からショートカットを使っている人も苦手な人も時間短縮になるのは確実。

1時間5秒の短縮できたら1日15時間作業で75分。つまり1時間の節約。1ヶ月で30時間の節約。1日おまけで付いてくるとしたら、35,000円でもお得ではないでしょうか。

今回のレビューで気になったら下記のリンクから購入してみてください。

引き続いて使用感も更新レビューしていこうと思います!

created by Rinker
Orbital2(オービタルツー)
¥35,200
(2020/08/02 17:39:34時点 Amazon調べ-詳細)